そもそも転職エージェントって、なんだ??

キャリアアップや収入アップを目指して転職するのが当たり前になってきた現代、インターネットを通した転職サービスも増えてきています。

転職エージェントとはそうしたオンラインサービスを含め、厚生労働大臣から許可を受けた転職斡旋を目的とした企業や、その企業で転職希望者に対して転職までのさまざまなサポートをおこなう人のことを言います。

転職エージェントは転職希望者に対し、希望収入や職種に見合った求人情報を探して斡旋したり、気になる求人があれば面接日時を調整したり、また採用にあたっての条件を転職先と交渉してくれるなど、転職活動に必要なさまざまなことを無料でサポート・代行してくれるのが大きな特徴です。

転職するまでのサポートだけでなく、転職にあたっての客観的なキャリアアドバイスなどの相談にも乗ってくれるので、初めて転職をしたいという人や、今までと違う業種や業界への転職を希望する人にとっては心強い味方となってくれる存在でもあります。

転職エージェントは無料でサポートしてくれるサービスなので、転職者にとってはどんどん利用したいサービスですが、転職までの作業や交渉を代行してくれるという利点だけでなく、転職エージェントだけに出されている「非公開求人」を扱っていることがあるというのも大きなポイントです。

非公開求人とは、一般の求人情報誌や転職情報サイトなどには掲載されない求人情報のことで、非公開求人を出している企業のサイトなどにも掲載されないので、特定の転職エージェントなどを利用しなければまったく知ることができません。

転職についてのさまざまなサポートや相談が受けられるだけでなく、一般には公開されていない求人情報を知ることもできるので、転職をしようと考えているなら一度は転職エージェントの利用を考えてみるべきと言えるかもしれませんね。

サポート内容も増えてきているので、今後も転職エージェントのサービス内容は今後ますます広がっていくと考えられますね。

どうして転職活動においてエージェントが必要なのか?

現在、勤めている会社を辞めようと決意した時、もしくは、辞めてしまった時。
次にまず何を考えるだろうか。もちろん多くの人は転職を考えるだろう。

転職をするとして、まず何をしようとするだろうか。
一番オーソドックスなのはハローワークだろう。

ハローワークで求人登録をして毎日でもハローワークに通うはずだ。

しかし、最近はそのような形ではなく別の形で転職を行う者も増えてきた。
それは転職サポート企業を利用する人たちだ。

この転職サポート企業に登録し、その企業が公表している転職求人を求職者達に提供するのだ。

そして、転職サポート企業が今力を入れているのは転職エージェントというシステムだ。
エージェントが求職者にマッチする企業を紹介して、書類、面接などの支援を行うシステムだ。これは一人で求職活動に煮詰まっている人たちにとってはありがたいシステムではないだろうか。

だが、本当に転職エージェントは必要だろうか。

転職エージェントを利用する最大のメリットは自分では気付かない部分を気付いてくれるということだ。

この自分では気づかない部分とは、自分の適職であったり、能力の評価であったりする。
これらを客観的に見つめなおすためにエージェントを利用することは大変有効的と言えるだろう。

しかし、ただなんとなく転職サポート企業に勧められたからと言って転職エージェントを利用することはあまり意味がないことだろう。

自分自身が何となく転職先を探しているのであればエージェントが仕事を斡旋する必要はあまりない。

非公開求人などをエージェントから紹介されるというメリットも存在するが、エージェント側からしたらあまり紹介したくないのではないだろうか。

エージェント側は採用企業から料金をもらい、転職者からは料金徴収をしない。
採用企業は料金を支払う以上、よりよい人材を仲介してほしいはず。

そんなエージェントが紹介した人が何となく入社した人であったとしたらエージェント側の信用問題にかかわるからだ。

転職活動においてエージェントが必要であるか必要でないかは自分自身がどのような状態に置かれているかを認識することで変わる。

客観的な評価をもとにした転職をしたければエージェントは必要な存在だ。

しかし、客観的な評価など必要としない転職をするならばエージェントなど必要ないと言えるだろう。

転職エージェントを利用するメリット、デメリット

転職を希望する人にとって、転職エージェントは力強いパートナーと言えるでしょう。
主なメリットをあげると次のようなものがあります。

  • 登録が自宅で簡単にでき、かつ手数料がかからない。
  • 多くの企業情報がある。特に一般の求人誌や転職サイトには公開されていない非公開情報や、その転職エージェントでしか扱わない求人なども紹介してもらえる。
  • 自分のキャリアや適性を客観的に判断して、適切な求人を探してくれる。
  • 履歴書の書き方、職務経歴書の書き方、面接のアドバイスなど転職へ向けての適切なアドバイス受けられる。
  • 年齢構成、離職率、男女比など。他ではなかなか得られないその会社の情報を教えてくれる。
  • 自分で転職活動をするより効率的で迅速な対応が期待できる。
  • 面談の日程など企業とのうちあわせなど、自分でする煩わしさがなくスムーズに進めてくれる。
  • 採用が決まったあと、賃金やその他待遇面で個人ではできない交渉もやってくれる。
  • 在職中の場合、円満退社できるように取り計らってくれる。
  • 不採用になってもその理由を教えてくれるし、今後へのアドバイスをしてくれる。

仮にうまくいかなかった場合でも色々なことを勉強できるので転職希望者にとってはメリットはたくさんあります。

自分一人ではなかなか難しい転職活動ですが、転職エージェントを利用することで道が開けてくるような気がしますね。逆にデメリットはどんなことがあるのでしょうか。

  • 自分の希望とは違う職種を紹介される場合がある。
  • コンサルタントとのコミュニケーションがうまくいかない。
  • スケジュール調整が難しい。

転職の理由がはっきりしない場合や、希望をうまく表現できない場合、コンサルタントの意向で進められてしまう場合があります。

自分の意向はきっちり伝えるようにしましょう。

また在職中であったり、複数のエージェントに登録している場合、日程調整が難しくなり煩雑になりますが、優先順位を決めて効率的に動けるようにしましょう。